「求人が来ない」は言い訳!飲食店の人手不足解消、定着率向上の5つのポイント

「求人が来ない」は言い訳!飲食店の人手不足解消、定着率向上の5つのポイント

人手不足のイメージ図

飲食店で抱えている悩みの一つとして、「人手不足」が挙げられます。近年、新型コロナウィルスの影響もあり、飲食店の「人手不足」問題は深刻化しています。

しかし、飲食店の人手不足は、ただ、求人サイトに掲示するだけでは解決せず、ほとんどのお店は、この問題の対処法を知らないのです。

そこで今回は、飲食店の人手不足解消と定着率向上について説明していきたいと思います!

人手不足の飲食店の状況

人手不足の飲食店ではどのような問題が起こるのでしょうか。これから説明するような問題が起こっていないか、店舗の状況と比べながら見てみてください。

人手不足に悩む飲食店の店長

労働環境の問題

飲食店は、ほかの業種に比べて、労働時間が曖昧で長くなりやすく、休暇も少ない傾向があります。

また、ホールとキッチン両方が立ち仕事であるため、かなり体力を消耗します。繁盛している店であればあるほど忙しくなるため、休憩時間が減ることも珍しくありません。

このような環境でスタッフが働いていると、求人募集に応募があっても長続きせずに辞めてしまうのが人手不足の飲食の現状です。

サービス品質低下によるクレーム

人手不足のお店では、スタッフがホールを走り回っていたり、キッチンで注文に対して、提供が追い付かないなどの状況が起こります。

このような状況では、お客様に対しての最高のサービスを提供することは難しいです。

そして、その結果、お客様からのクレーム、お客様満足度が下がるという悪循環に繋がってしまいます。

飲食店の人手不足の原因とは?

では、飲食店の人手不足の原因とはどのようなものなのでしょうか。

シフトの融通が利かない

アルバイトのスタッフは、学生、主婦などがほとんどで、それぞれアルバイトが本業ではありません。

そのため、シフトの融通が利かず、長時間労働をお願いしてくるなど、本業を優先させてもらえない飲食店は、お金をかけて採用したのにも関わらず、すぐに退職してしまうことになります。

接客に伴うストレス

飲食店では、「お客様は神様」の精神を持っているお客様は、今の時代でも少なくないです。そのため、理不尽なクレームや、態度に対してのスタッフのストレスは計り知れません。

そして、アルコールの提供がある飲食店では、お客様の態度が大きくなる、マナーが悪いなどの状況が起こりやすいです。

そのため、アルコール離れが進んでいる世代の若いアルバイトスタッフにとっては、そのようなお客様の対応もストレスに繋がる可能性もあります。

従業員の働く環境が整っていない

飲食店の現状として、アルバイトのスタッフの頑張りが認められないことがあります。その理由として、時給アップなどの「評価制度」が整っていないことがあります。

アルバイトスタッフのモチベーションを維持することはお店の業務効率向上、お客様満足度向上に関して重要なポイントです。

人間関係のトラブル

人間関係の問題は、アルバイトの定着率を上げるためには無視できない問題です。

飲食店では、ホールとキッチン、新人とベテランなど様々なところで対立がある場合があります。そしてそれが「職場いじめ」などのトラブルが発展し、退職するといった悪循環に繋がります。

「職場いじめ」まではいかずとも、「何かこの人とは働きづらい」、「裏で何か言われているんじゃないか」などを思いながら働き続けるのは相当なストレスになります。

飲食店の人手不足の5つの対策

解決策のイメージ図

①採用情報の見直し

求人募集への応募を増やし、人手不足を改善するには、どれだけ相手に働きたいと思わせるかが重要です。

給料の調整や交通費支給、まかない無料などは求職者の興味関心を集めることが出来ます。

また、ホール・キッチンという役職だけの記載では、応募の判断基準が上記の給料などしかありません。

そのため、仕事の内容を具体的に書くことで、そのお店の雰囲気や特色を伝えられ、働く想像ができ、求職者が応募しやすくなります。

②リファラル採用の導入

人手不足の対策として、リファラル採用があります。リファラル採用とは、現在働いている従業員から新たな人材を紹介してもらう方法です。

リファラル採用では、事前に、紹介した従業員が雰囲気や業務内容を伝えるため、働き始めてからのギャップが起こりにくいため、定着率の向上が見込めます。

③SNSの活用

現在、集客や求人の掲載をSNSで行っている店舗が多く見られます。このように、SNSを活用するのも人手不足解消の対策の1つです。

SNSで求人掲載するメリットとしては、そのお店の雰囲気や、働いている人がわかることで求職者が自分に合うかどうかのイメージが付きやすくなることです。

SNSで楽しそうに働いている写真を見ると「一緒に働いてみたい」と思わせることができ、人手不足解消に繋がります。

④従業員の働く環境整備

従業員の定着率を上げるためには働く環境を見直すことが重要です。

例えば、新人研修をしっかり行っているか、トラブルやクレーム対応をアルバイトにお願いしていないか、仕事量に見合う給料か、などです。

お金をかけて従業員を雇っても、やめてしまったら意味がないです。そのため、働いてくれている従業員のためにも制度やシステムの見直しを行うことが重要です。

⑤システム導入

来客のお客様が多く、回転率も高い、けれど人手が足りない。そのような飲食店の問題を解決するのが、セルフオーダーシステムです。

セルフオーダーシステムとは、タブレットやスマホでお客様自身が注文するシステムのことで、お店の回転率向上やミス軽減などの業務効率向上に繋がります。

セルフオーダーシステムの【いつでも注文くん】で業務改善

いつでも注文くんのイメージ図

【いつでも注文くん】とは、お客様のスマートフォンで注文するセルフオーダーシステムです。そのため、高性能なのにもかかわらず、導入費用が低く抑えられます。

注文を取る時間をその他の接客に回せる

上記のように【いつでも注文くん】は、お客様自身が、自身のスマホを利用して注文するため、注文を取る時間が無くなります。

その空いた時間を、バッシングや、おすすめなどの他の接客に回せます。

システム導入によって、接客が冷たくなるのではないかと思っている方は是非こちらもご覧ください。

【IT化で失敗】飲食店のセルフオーダーシステム導入で接客が冷たくなる?

LINEを使った情報発信

「いつでも注文くん」は、注文の際、自動的にお店の公式LNEがお客様のLINEに友達追加されます。そのため、来店するお客様の数だけ友達が増えていきます。

LINEを活用することで、新商品の紹介や、クーポンを直接お客様に送信できるため、再集客、リピート率の向上に繋がります。

また、雨の日に「雨の日クーポン」などを送信したり、上記のような、売上分析で、売上が低い曜日などにクーポンや新情報を送信するなど、その時々の状況に応じて、対応することが可能です。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。今回は「飲食店の人手不足」について書きましたが、この記事が、人手不足解消、定着率向上になれば幸いです。

新型コロナウィルスの影響もあり、飲食業界は人手不足問題が深刻化しています。

しかし、人手不足は定着率の向上によって解決できる場合が多く、従業員の働く環境を見直すことが人手不足解消の一番の近道かもしれません。

上記で紹介した【いつでも注文くん】も環境整備の1つの方法です。詳しく紹介している記事がございますので、興味がございましたら、是非ご覧ください。

Keywords

キーワード辞典

Contact

無料相談はこちらから

お電話・メール・LINEの中からご利用しやすい方法をお選びいただき
お気軽にお問い合わせください。