【PC購入予定の方必見!】PC購入を失敗しない注意点!

【PC購入予定の方必見!】PC購入を失敗しない注意点!

コロナ禍に置いてテレワークや個リモート授業でPCを使用するお客様が増えております。

急いでPCを購入を検討しているお客様少し待ってください!

PCの購入には注意点や知って欲しいデメリットがあります。記事を読んで再度検討してください。

私も以前PCを電化製品店で急いで購入しました。その際はあまり調べず安すぎず高すぎない金額でデザイン性を重視してPCを選びました。

しかし、1.2年使用していくとかなり動きが遅くなってしまい起動時間が5分以上かかるようになりました。原因は毎日たくさん使用していたためPCのメモリが一杯になってしまったためでした。

PCにはCPUやメモリ、ストレージなどといった性能がそれぞれ違い使用用途に合わせて選ぶ必要があります。

弊社の店舗で毎日PCを販売しておりますが必ずお客様の使用目的を確認しP Cのご案内をさせていただいております。

金額や見た目だけで購入を急いで購入してしまうと高い金額で買ったのに長期間使えない場合があります。もったいない、悔しい思いをしないためにも今一度確認していただきたいと思います。

PC購入する際の注意2点

PCはメーカーや機種、スペックによって金額が異なります。

金額が高い物を選んでも失敗するケースもございます。

まずは自分の使用する目的、どの程度のPCが欲しいのか、好みのメーカーなど確認する必要があります。

購入する注意点を2点詳しくご説明させていただきます。

①OSタイプで選ぶ

PCにはOSと呼ばれる必ず入っているPCを管理するソフトウェアがございます。

主に「Windows」「MacOS」です。そのほかにもLinuxやUnix などございますが店舗でよく見かける2つに絞ってご説明させていただきます。

Windows

WindowsはMicrosoft社が作った物で電気屋さんで見かけるPCにはほぼこちらがインストールされています。様々なメーカーが出しておりPCの形や色など選択肢が多かったり、対応ソフトが多いという点が特徴的です。

現在がwindows10というバージョンで今秋11という新しいバージョンが出る予定です。Windowsは継続的に新しいバージョンが登場します。

MacOS

MacOSはApple社が出しており、iphoneやipadなど互換性がありApple製品を使っている方にとても好まれています。対応ソフトは少ないですが映像・デザイン系のソフトが充実しており相性が良いという点が特徴です。

Macの付属アプリ「BootCamp」を使うと、WindowsもインストールできMac本体で2つのOSを使用することができます。

OSによってPCのタイプはかなり変わります。基本的なPC操作やキーボード、画質なども変わりますので自分の使いやすい好みの物を選びましょう。

②使用目的によって選ぶ

使用目的によって適切なPCのタイプは変わってきます。

例えばPCを営業で使用するために毎日持ち運びをするならノートPCが最適です。特にタブレット型などは営業でお客様に見てもらいやすく人気です。ノート型・タブレット型・デスクトップ型で形・容量・充電の持ちなど変わるので注意が必要です。

また、ゲームや動画編集を行いたい方は高性能のCPUでメモリ(容量)の大きい物でないと動かなくなったり、アプリが落ちたりすることがあります。使用目的によってはスペックが高いものが必要になります。

自分の使用目的を確認し必要なスペックを調べることが大切です。

購入する際にはPCに関する知識が必要です。もし、必要なスペックがわからなくてお困りのお客様は弊社へご連絡ください!

弊社では新品のPCからリユースPCを販売しているためPCについての知識があるスタッフがお客様に変わりお調べし対応致します。

PC購入のデメリット

PCを購入する際の注意点をまとめましたが実際に自分で商品を選ぶとなるとかなりハードルが高いと思われます。

また、個人や企業でPCを購入しようと思うと店舗やネットで購入されると思いますがが購入にはデメリットもございます。そちらもご紹介させていただきます。

①サポートや保証、付属品によって金額が高くなる

PCを購入する際にはどうしても保証料金や初期設定料金、ウイルスソフト代、オフィスの追加、マウスやPCケースなどの付属品とPC本体価格ではなく付属品などを追加すると価格が高くなってしまいます。

これは本来の商品に加え別の商品を一緒に販売する「抱き合わせ商法」という販売方法で少し高くついてしまいますが店頭で販売を行う人件費などを考えると仕方ないと言えます。

また、個人で購入するお客様は特に壊れた時の保証など入っておかないと何かあった際に追加料金が取られてしまいます。また初期設定は難しく時間がかかるため店頭で全てお申し込みをされるお客様も多いと思います。

そのためPCの本体料金に加えその他の金額で高くなってしまいます。コスト削減をしたいお客様は特に保証の確認や付属品に必要性を確認することをおすすめします。

②故障した時の修理代金がかかってしまう

PCは不具合や故障がよく起こる機械ですので購入すると自然にメーカー○年保証やお客様の追加お支払いで○年保証をつけられる商品が多いと思います。

この保証は保証期限が過ぎ対象外となった場合はもちろん自費で修理に出さなければなりません。修理依頼する際は販売店もしくは宅配で配達をお客様自身が行わないといけない場合もあります。

また、修理の間の代替機が用意していただけない場合もありますので修理の間PCを使えない状態になってしまうかもしれません。

保証期間が過ぎての修理が大変なため購入する際は保証期間・保証の際の対応など確認する必要があります。

③廃棄する際に費用がかかる

PCの廃棄にはとても手間がかかります。

地域で回収しているところもありますがほとんどが有料やお断りしている地域が多いと思います。その為通常はPCを購入した店舗に依頼するか業者にお金を支払い廃棄してもらう必要があります。

PCのデータについても個人情報がたくさん入っている為廃棄する前にデータの消去をしっかり行わなければなりません。

弊社でもデータ消去を2,200円で行っておりま。

廃棄費用+データ消去費用をかけて廃棄を行う必要がありますので廃棄にはお金がかかると購入する前に覚えておいた方が良いでしょう。

  

PCは購入以外にも手にいれる方法があります!


PC購入のデメリットをお伝えしましたが、

じゃあPCが欲しい人はどうしたら良いのか?

PCは購入以外にもレンタルをすることができます。

デメリットでお伝えした保証・サポートや修理対応、廃棄問題をレンタルすると解決できます。

PCレンタルは様々な地域で行われており、沖縄でも実際にレンタルをしている企業はたくさんございます。

弊社もその中の1社です。レンタルというと中古や古い機種といったイメージがあるかもしれませんが、弊社のレンタルPCが専門スタッフが会社や学校など様々な場面で使用しやすいおすすめの機種をレンタルしております。

レンタルにつきましては特設ページがございますのでそちら確認していただけるち幸いです。

http://pcrental-center.com

PCの購入はこんな人におすすめ

PCを購入する際のデメリットをお伝えいたしましたが、PCの購入を反対ししているわけではございません。そこでPCの購入に向いている方をお伝えいたします。

①PCに詳しい方

PC購入する際にはPCを使用する際の最初の初期設定などかかってしまいますが、詳しい方であればご自身でできるためサポート料金はかかりません。また、必要な付属品もご自身で使用目的にあったものを選ぶことができるため購入の方が自分好みのPCを用意することができます。

②同機種をたくさん揃えたい

会社などでPCを使用する際は同機種の方が運用に適しております。しかし、同機種を揃えるには納品にも時間がかかるためレンタルなどでは難しい場合もあります。そのため購入の方が確実に揃えることができます。

③リースやレンタルで期間を縛られたくない方

リースやレンタルだと一定の契約期間が発生します。使用期間が未定で契約を行いたくない方は購入の方がスムーズに使用を開始できます。逆に使用期間がかなり短く数日などご希望のお客様は短期レンタルもございますのでそちらの利用をおすすめ致します。

短期レンタルのご紹介

上記の期間の部分で少し触れましたが短期レンタルのご紹介をさせていただきます。

最近では、一時的なテレワークや夏休みの間限定などで1ヶ月や1週間などレンタルをご希望のお客様が増えております。

そこで弊社も短期レンタルを開始致しました。

以前までは1、2、3年と期間を限定させていただいておりましたが、ご希望の期間に合わせてお見積もりを出させていただきます。

また、同様にwi-fiのレンタルやOfficeの追加などもおこなっておりますのでお気軽にご相談ください。

まとめ

P C購入の注意点についてまとめました。

ご自身の好みや使用目的に合わせたスペックでPCを選ぶことが大切です。

ついつい急いで購入すると失敗してしまうケースもありますのでしっかり調べて購入する必要があります。また、購入する場合は高い金額がかかりますのでレンタルもご検討いただけたらと思います。

サポートや保証はそのままでコスト削減をしたいお客様は沖縄電子レンタルがおすすめです。

特設サイトもございますので下記のボタンからクリックし確認していただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Keywords

キーワード辞典

Contact

無料相談はこちらから

お電話・メール・LINEの中からご利用しやすい方法をお選びいただき
お気軽にお問い合わせください。