【Windows10がサポート終了!】サポート終了時期とアップデート方法について詳しく解説!

  • お役立ち情報パソコン買取・販売・修理レンタルPC記事
  • , ,
【Windows10がサポート終了!】サポート終了時期とアップデート方法について詳しく解説!

Microsoftが、2023年4月にWindows10のサポート終了時期を発表しました。

この発表を機会に、Windows11へのアップグレードを考えた方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、Windows10サポート終了のデメリットから、Windows11へのアップデート方法まで、詳しく解説していきます!

目次

Windows10はいつサポート終了する?

Windows10サポート期限は、2025年10月14日!

Windows10のサポート期限は、2025年10月14日まで有効です。

サポート期限を過ぎても、Windows10が使えなくなることはありません。

ですが、そのまま使い続けると以下のようなデメリットが発生します。

Windows10をそのまま使い続けるデメリットは?

OSのセキュリティ更新がなくなる

Windows10のサポート期限が切れる最大のデメリットは、

OSのセキュリティ更新がなくなることです。

セキュリティの更新がなければ、新しいウイルスやサイバー攻撃に対応できなくなります。

バグの修正なども更新されなくなるため、そのままWindows10を使い続ける方は注意が必要です。

特にWindows10を使い続ける理由がなければ、Windows11へアップグレードするのがおすすめです!

Windows11は何が変わった?特徴をチェック

Windows11ホーム画面

Windows11では、「画面の見やすさ」、「操作性」、「セキュリティ機能」が向上しています。

細かい機能の修正だけではなく、Windows10には無かった新機能も追加されています。

Windows11で使える新機能を、一部ご紹介します!

AIアシスタントのCopilot

Microsoft Copilot

Windows11には、Microsoftが開発したAI「Microsoft Copilot」が搭載されています。

チャットでPCの操作をサポートしてもらったり、文章から画像を生成してもらうなど、AIの最新機能を無料で使用することができます!

指紋認証・顔認証でログインできるパスキー

指紋認証・顔認証

パスキーとは、指紋認証顔認証など、パスワードの代わりに使用する認証手段のことです。

パスワードの代わりに使うことで、手で打つよりも早く、PCやサイトにログインすることができます。

パスワードの使い回しも防げるため、セキュリティが高いのも特徴です!

使いやすくなったスナップ機能

スナップ機能

スナップ機能とは、開いているウィンドウを並べて表示する機能のことです。

スナップ機能を使うことで、複数ウィンドウを綺麗に整列して表示することができます。

ウェブサイトやアプリを複数開く場合に、便利な機能です。

PCがWindows11に対応しているかチェック!

Windows11へアップグレードする前に、PCのスペックを確認しましょう。

8~9年前の古いPCや性能によっては、アップグレードに必要な機能が足りない場合もあります。

PCが対応していない場合は、Windows11対応のPCへ買い替えることも検討しなければなりません。

まずは一度チェックしてみましょう!

必要なPCスペック

Microsoftが公式に発表している、Windows11にアップグレードするための条件は以下の通りです。

プロセッサ1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサ
もしくはSystem on a Chip(SoC)
メモリ4GB以上
ストレージ64GB以上の空き容量
グラフィックカードDirectX12以上(WDDM2.0ドライバー)に対応
ディスプレイ対角サイズ9インチ以上。8ビットカラーの高解像度(720p)
TPMバージョン2.0以上
ファームウェアUEFI、セキュアブート対応


「TPM」、「UEFI」など聞きなれない単語もありますが、最近のPCには標準で搭載されています。

基本的には、CPUの世代メモリ、ストレージ容量をチェックすればOKです。

Intel 8Genシリーズ

CPUは、Intelなら第8世代Core以降 、 AMDならRyzen 2000シリーズ以降に対応しています!

Windows11に対応しているかチェックする方法

Microsoftが提供している「PC正常性チェックアプリ」を使うと、
自分のPCがWindows11に対応しているか、簡単に確認することができます。

PC正常性チェックアプリのインストール方法はこちら

既にインストールされている場合

既にインストールされている場合は、タスクバーから「正常性チェック」と検索するとアプリが出てきます。

PC正常性チェックアプリの検索
Windows PCの左下にある検索バーから検索が可能

アプリを起動したら、赤枠の「今すぐチェック」を押します。

PC正常性のチェック

自動でチェックが始まり、自分のPCがWindows11が対応しているか、簡単に確認することができます!

Windows11を導入する2つの方法

方法1:Windows Updateからアップグレードする

Windows Updateからアップグレード

Windows Updateを開いて、アップグレートへの案内が出ている場合は、そこからアップグレードすることができます。

「ダウンロードしてインストール」をクリックすると、自動的にアップグレードが始まります。

Windows Updateからの詳しいアップグレード手順は、ご参考に以下のリンクをご覧ください。

Windows 10からWindows 11へアップグレードする方法

dynabook  サポート よくある質問  Dynabook .Inc

方法2:インストールアシスタントを使う

インストールアシスタントのダウンロード

Windows11は、Microsoftの「インストールアシスタント」を使ってインストールすることもできます。

インストールアシスタントのダウンロードはこちら

インストールアシスタントを実行して、画面の手順に従うだけでアップグレードが完了します。

Windows11にアップデートする前にチェック!注意すべき点

✔ Windows11から、Internet Explorerが廃止に

Windows11からは、Microsoft Edgeがデフォルトのブラウザになります。

InternetExplorerでしか動かないプログラムがある場合は、

Edgeの「 Internet Explorerモード(IEモード)」で動かすことができます。

✔ 古いソフトウェアには対応していない可能性がある

Windows11は、10と互換性があるため、ほとんどのソフトはWindows11で動作します。

しかし、古いソフトはWindows11で動かない可能性もあるため、

自分の使っているソフトウェアと互換性があるか、事前にチェックしておくと安心です。

✔ 未発見のバグがある可能性

OSが新しくなると、古いソフトウェアやドライバとの相性によって、不明なバグが発生することがあります。

こういった不具合は、OSのアップデートで修正されることがほとんどですが、対応までに時間がかかる場合もあります。

現在判明しているバグについては、ご参考に以下のリンクをご覧ください。

【最新】Windows11 22H2アップデートの不具合と解決法まとめ

中小企業のためのIT解決コラム 株式会社МJE

アップグレードしたけどWindows10に戻したい時は?

Windows11にアップグレードしても、10日以内であればWindows10に戻すことが可能

少し手間はかかりますが、10日を過ぎても、Windows10に戻す方法はあります。

Windows11で問題が発生した時のために、戻す方法を一度チェックしておくと安心です。

Windows10に戻す方法については、以下の記事を参考にご覧ください!

Windows 11 から Windows 10 に戻す方法は?注意点や対策も解説

知って得する!お役立ちコラム  横河レンタ・リース株式会社

Windows11対応PCも、沖縄電子へご相談ください!

沖縄電子では、Windows11対応PCも販売中!

「Windows11を使いたいけど、自分のPCが対応していなかった…」「これを機にPCを買い替えたい!」

とお悩みの方は、ぜひ沖縄電子にご相談ください!

沖縄電子では、新品・中古PCを激安特価で販売しております。

Windows11対応のPCも多数ご用意しておりますので、

PC選びのお悩みがございましたら、店舗やお電話・メールにて、お気軽にご連絡ください!

まとめ

今回は、Windows10のサポート終了と、Windows11へのアップグレードについて解説しました。 この情報が、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

Windows10のサポート終了が近づくと、Windows11対応PCの需要が高まることが予想されます。

お手元にあるWindowsのバージョンを確認して、Windows11へのアップグレードはお早めに!

買い替えの際は、ぜひ沖縄電子へお越しください♪

Keywords

キーワード辞典

Contact

無料相談はこちらから

お電話・メール・LINEの中からご利用しやすい方法をお選びいただき
お気軽にお問い合わせください。