【コロナ対策】タブレット型サーマルカメラ

1日のコロナ感染者数が全国で1000人を超えており、再びコロナウイルスの恐怖が高まってきております。

様々な所に入場する際には体温検査などを行う施設もたくさんみられますが、検査を行う方も入り口で待機し常に検査を行なわなければなりません。

弊社では、お客様の安心・安全を届けるために、非接触で安全の体温を確認できるサーマルカメラをご提案させていただきます。

タブレット型サーマルカメラの特徴

非接触で安全に検知が可能

ウイルス感染の主な症状の1つが発熱といわれており、沖縄県内でも入館時に体温検査を義務付けている施設が増えております。

しかし、ガンタイプの体温計で一人一人おでこにかざして測ると感染者と接触リスクが高まります。タブレット型サーマルカメラですと設置をすると自動で検知していくので非接触で安全に行うことができます。さらに、常に従業員のみなさまが行う必要があるので手間を省くことができます。

また、タブレット型のため自分の体温が表示されるので入場者が自分の体温を確認することもできます。

 

 

タッチパネルで簡単に操作可能

スマホのようなタッチパネルになっているので簡単に操作ができパソコンなどの外部の接続も不要です。体温アラームの設定や表示の設定などご自由に設定することができます。

体温異常時の発見アラームの音量を調節したりアラーム音を変更することができます。

データを自分で管理することができるので業者を仲介せず使用することができます。

何かご不明点がございましたら、弊社が丁寧にサポートさせていただきます。

 

 

 

誤差が±0.3度で正確に測定できます

高性能チップが入っているので測定温度の誤差は±0.3度です。他商品と比べるとかなり正確です。

コロナウイルスの感染を防ぐという面で誤差の少ないサーマルカメラ商品を使用することをお勧めします。

 

 

顔認識がすぐに行え、マスク着用案内が行える

高性能知能プロセッサを採用し、顔認識機能によりデータとして保存することで後から感染者の後追いをすることができます。

また、マスク着用にしているかどうかを自動で認識することができるのでマスクの着用案内を自動でサーマルカメラから行うことができます。

従業員のみなさまの仕事を減らし安全を高めましょう。

 

 

タブレット型サーマルカメラの使用例

弊社が販売しているタブレット型サーマルカメラは1人ずつ体温を検知いたします。

(20人一度に検知可能なサーマルカメラ商品も取り扱っております)

そのため、入り口を制限し入場者が必ず通らなければならない所に設置する必要があります。

入場からサーマルカメラまでの動線を整えコロナ対策に活かしましょう。

タブレット型サーマルカメラのメリットとしては、通常のドーム型サーマルカメラより格安ということです。一度に検知できるのは1人ですが、コロナ対策として即購入いただけるように弊社も値下げをし販売しております。ぜひコロナ対策に使用していただけると幸いです。

 

 

 

タブレット型サーマルカメラ説明−Youtube https://youtu.be/_FmZJv3evg8

よくあるご質問

検知する距離はどのくらいですか?
タブレット画面にしっかり顔を移さなければならないので、サーマルカメラから0.3m〜1m以内の範囲になると思われます。人によって認識も変わるためなるべくサーマルカメラに近づいた方が正確に測ることができます。
見積もり依頼は無料ですか?
もちろんです。お見積もりとデモを無料で行っていますのでまずは現状の確認も含め、直接お話しさせて頂ければと思います。お気軽にお問い合わせください。
映像を保存することはできますか?
上記で案内しているタブレット型のサーマルカメラでは映像を録画することはできません。
しかし、写真データとして測定した人の顔写真と温度はデータとして保存することが可能です。

まとめ

コロナウイルス感染者が徐々に増えており、私たちの生活にも影響が出てきております。

感染を最小限に抑えるためにも感染者との接触を減らすためにサーマルカメラで入場を制限しコロナとの生活を安心・安全に変えていきましょう。

目に見えない温度を可視化し、安全を守るためにサーマルカメラのご検討よろしくお願いします。

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。0120-546-580受付時間 10:00 – 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です