ダミー防犯カメラとは

今回は、最近需要が高まっているダミー防犯カメラについてまとめました。

「実際ダミー防犯カメラって効果あるの?」と感じているかたがたくさんいると思います。

今回はダミー防犯カメラの説明をしていきます。

 

ダミー防犯カメラとは

ダミー防犯カメラは偽の防犯カメラです。ダミー防犯カメラの主な目的としては、犯罪者に威嚇として見せつけることです。ダミー防犯カメラは圧倒的に安いという点で重要があります。そこで、ダミー防犯カメラのメリット・デメリットを紹介していきます。

ダミー防犯カメラのメリット

価格

上記でも書いた通り、ダミー防犯カメラの1番のメリットは価格です。映像が映らなくていいのでカメラ本体の価格は安く済みますし、維持費もかかりません。手っ取り早く安く抑えたいという方におすすめです。

威嚇

映像がうつらないですが防犯カメラがあるということで犯罪者への威嚇につながります。防犯カメラがあると犯罪はかなり減るので偽物とばれなければかなり効果があるとおもいます。

ダミー防犯カメラデメリット

偽物だとばれてしまう

やはり本物とは価格が違うため、素材も安価なもので作られているものもあれば、録画ランプがついていないものなどと偽物だとばれてしまう可能性があります。防犯度はかなり低くなってしまいます。そこでダミー防犯カメラで注意する点を下記にまとめてみました。

3.ダミー防犯カメラの注意点

・ダミー防犯カメラの配線

・ダミー防犯カメラの設置位置

・安いダミー防犯カメラにはきをつける

・ダミー防犯カメラのランプ

まず防犯カメラは電力を供給する配線やコードが大抵ついています。機種によってはついていないものもあるかもしれませんが、配線がついていない場合偽物だと怪しまれます。防犯カメラをつける位置も重要です。明らかに低い位置であったり、死角が多い位置、また屋内用カメラを屋外にとりつけていると偽物だと思われてしまいます。

また、レンズや本体が明らかに安っぽいものはすぐにわかります。例えば、レンズがビー玉のようなもので代用されていたりする商品があります。安すぎる商品によくみられるので気を付けましょう。

他には、ランプの点灯です。人が来たら感知してランプが光ったり点灯するものが多いです。常にランプがついている防犯カメラは怪しまれます。

 

楽天市場】防犯カメラ ダミー 屋外 不審者を威嚇 防犯カメラ ダミー ...

4.防犯カメラの方が安全

ここまでダミー防犯カメラについて説明してきましたが、安い分リスクは伴います。映像が取れていないので実際犯罪に巻き込まれると映像がないのでどうしようもありません。ダミー防犯カメラはあくまでも『威嚇』にすぎないということを忘れないでください。

ダミー防犯カメラを設置するポイントとしてはダミー防犯カメラのみを設置すると逆に怪しまれるので、入り口付近やお金を出し入れする場所などには本物の防犯カメラを設置し、他の場所にダミー防犯カメラを設置することをお勧めします。

5.まとめ

ダミー防犯カメラ比較的安くすぐに設置することができます。犯罪者への威嚇として優れていますが、偽物です。そこを忘れずに使用しましょう。

今回はダミー防犯カメラについてまとめてみました。

ダミー防犯カメラだけでなく、防犯カメラ取付アピールをすることができるシールなどがございます。

弊社にてご相談・お問合せ承っております。

 

お気軽にお問い合わせください。0120-546-580受付時間 10:00 – 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です